ソフトバンク債、条件決定


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

 

9月7日 (資本市場)

こんにちは。

今週はリスクオン。

日本株も久々に上昇。

ちょっとホットしました。

アドバンテストや東京エレクも好調。

日経にネガティブ記事が出ていました。

悪意が感じられる記事でした。

 

ソフトバンク条件決定

ソフトバンクの社債条件が決まりました。

クーポン1.38%の7年債

最低投資額面;100万円

7年国債よりも1.72%程度高い水準です。

金利は年2回

額面に付1回6900円(税前)

現在40年国債金利でも0.2%前後

1%台のクーポンは魅力的です。

しかし、

社債を購入する場合でも注意点があります。

注意点

満期保有を前提で

社債の価格は日々変動します。

売却できますが価格は証券会社の言い値。

社債には手数料という概念がありません。

買い取り価格は手数料込みです。

ディーリングには適さない

 

社債(債券)価格には上限があります。

ソフトバンク7年債の場合

100万円に付、クーポンが1年間で1.38万円

7年間の累積は9.66万円

償還金が100万円

つまり最大価格は109.66万円

(社債単価109.66で利回りが0%)

基本的に価格変動が小さく

ディーリングには適していません。

ディーリングするなら億ロットで。

社債の最大のリスク

デフォルトが起きると元本は戻ってきません。

回収率は20%~30%程度

クーポンが高い=デフォルトリスクが高い

という意味です。

これは格付けをみます。

社債の分類

社債は格付けにより2種類に分けられます。

  • 投資適格債・・BBB以上
  • ジャンク債・・BB以下

 

BBB以上の銘柄はデフォルト率が低く

投資適格債と言われています。

ソフトバンクはJCR A-

(JCR=格付け会社)

投資適格債です。

格付がBBレベルまで落ちると

倒産リスクが高まり、価格が下落します。

格付けは1カ月に1度程度チェックしましょう。

 

なお、

現在、国債金利がマイナス。

これは異常な状態です。

金利が上昇したら額面割れは必至。

ただし、社債価格が額面を下回っても償還は元本

購入する方は余裕資金で。

 

データ集

ソフトバンクグループ

株価4668円(4824円)

株主価値:10953円(10674円)

(かい離:6285円(5850円)

https://www.softbank.jp/corp/irinfo/stock/stock_value/

 

マサレシオ:42.61%(45.19%)

LTV:18%(18%)

 

スプリント

株価:$6.82($6.79)

アリババ

株価 176.69ドル(175.03ドル)

 

◆年初からの各国株式指数

銘柄 週末引け 年初比(%)

日経平均 21199.57円 +5.92

NYダウ 26797.46 +14.87

ブラジル 102935.43 +17.12

FT100 7282.34  +15.46

DAX  12191.73 +15.46

ロシア 2797.55.  +18.07-

アテネ総合 869.380 +20.33

上海A   3142.49  +15.79

ハンセンH 10414.12 2.85

トルコ 98987.5 +8.45

国債金利

◆国債金利(先週末%)

2年 5年

10年 30年

1.540(1.510) 1.431(1.391)

1.560(1.499)2.025(1.963)

-0.830 (-0.912) -0.901(-0.949)

-0.638(-0.708) -0.115(-0.218)

日本

-0.301(-0.306)-0.335(-0.350)

-0.245(-0.275)0.209(0.138)

データ:Bloomberg等

 

マンションの工事現場

完成すると部屋が暗くなります

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら