米国の百貨店コールズ株の出来高が急増


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

米国の百貨店であるコールズ<コード:KSS>の株価が前日比14.67%下落した。出来高が4,492.1万株と上場来最大の出来高だ。これは発行済株数1.577億株の28.5%に相当する。

社債市場では2023年から2025年に償還を迎える銘が中心に売られ、金利が上昇した。また、CDSのスプレッドも拡大している。

いったい、この銘柄になにが起きているのか?

〇コールズの株価と出来高

 

コールズの株価で出来高の推移を示している。昨日の出来高は4,492.1万株だ。

これは発行済み株式数1.577億株の28.4%にあたる。

大株主はバンガードがブラックロックで、それぞれ発行済株数の10.74%、7.55%の株を保有している。昨日の出来高はこの2社の保有株の合計2,884.9万株を1,600万株上回っている。

〇債券市場

コールズは現在ドル債を8銘柄発行している。債券市場では中期債を中心に売りが出、

債券の利回りが上昇した。

 

現在の格付けはMDYがBaa2、S&PがBBB-で投資適格だが、格付け見通しは何れもネガティブだ。S&Pが格付けをワンノッチ引き下げるとBB+となりジャンク債に分類されてしまう。

 

クーポン 償還日 価格 前日比 利回り 前日比 残高(100M) 発行額(100M)
3.25% 2023/2/1 100 0 3.25% 0.000% 350 350
4.75% 2023/12/15 102.025 -1.134 4.04% 0.388% 184.36 300
9.50% 2025/5/15 120.643 -1.422 4.53% 0.300% 600 600
4.25% 2025/7/17 100.872 -0.532 4.04% 0.125% 649.92 650
7.25% 2029/6/1 111.027 -0.482 5.64% 0.066% 42.28 200
6% 2033/1/15 100.738 -1.62 5.91% 0.183% 112.37 300
6.88% 2037/12/15 103.264 -0.046 6.28% 0.005% 100.86 350
5.55% 2045/7/17     (CALL 2025/7) 90.922 0.342 6.27% -0.029% 426.77 450

CDS市場ではコールズのCDSは前日比47bp拡大し、317bpを付けた。

債券利回りやCDSの水準は一時に比べ落ち着いているものの、明日以降の動きを注視する必要がありそうだ。

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら