【トルコリラ下落、売出債の元本割れ続出中】


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

トルコから資金の流出が止まらない。トルコは通貨、株価、債券価格が下落するトリプル安に見舞われている。

トルコリラは対ユーロ、対円で史上最安値を更新、イスタンブール100指数は5.26%の下落、トルコの2年ドル国債の利回りは0.38%上昇した。

〇トルコリラ

昨年末を100%とした場合の下落率は対ドルが18.0%、対円が20.68%、対ユーロが22.34%

対ユーロ、対円で安値を更新。対ドルの安値は57日の7.268㌦、現在7.227㌦と本日中にも更新しそうだ。

〇外貨準備高とトルコリラ

外貨準備高がトルコリラの下落とともに減り、準備高は年初来の最低だ。

 

〇CPIと政策金利

トルコの政策金利は現在8.25%、これは7月の消費者物価指数11.76%を下回っている。

つまり、実質金利はマイナスということになる。これは貨幣価値の棄損を意味する。

 

〇株式市場

イスタンブール100指数の下落率は4.38% だった。なお、指数構成銘柄の内71銘柄が指数を上回る下落率だった。その内37銘柄の下落率が9%超だった。

 

〇国債

トルコの国債金利が急騰。2年債、5年債の利回りは前日比0.3%以上上昇した。

ドル債 2年(%) 5年(%) 10年(%)
2020年8月 6.645 7.097 7.41
2020年8月 7.033 7.431 7.633
上昇幅 0.388 0.334 0.223

 

〇売出債

表が2015年から現時点までのトルコリラ建て売出債の本数と発行額の合計だ。

売出債 本数 億円
2020年 24 161.07
2019年 55 269.01
2018年 74 639.49
2017年 66 925.09
2016年 38 191.12
2015年 63 460.52

2017年には66銘柄、925.09億円相当のリラ建て債が起債された。

 

現在トルコリラは下落の一途をたどっているためトルコリラ建て債の元本割れが続出している。

8月21日に償還を迎えるスウェーデン輸出入銀行10.18%2020年8月21日債もその候補だ。

当時のリラ円は31.3675円、発行価格が99.97%、最低投資金額が1万リラだった。

1万リラを購入した場合、313,581円だ。

現在の為替は14.5679円。仮にこの水準で償還を迎えた場合の円換算額は145,679円。

償還額は当初の投資額の46.45%に目減りする。

なお、この債券には10.18%のクーポンがついているものの残念ながらクーポンの総額を償還額に加算しても払込み金額に届かない。

表が試算の結果だ。

利払い日 利息(リラ) リラ円 円貨換算
2018/2/21 509 28.34 ¥14,425
2018/8/21 509 18.06 ¥9,193
2019/2/21 509 20.79 ¥10,582
2019/8/21 509 18.63 ¥9,483
2020/2/21 509 18.27 ¥9,299
2020/8/21 509 14.56 ¥7,411
償還額 10,000 14.56 ¥145,600
    合計金額 ¥205,993

試算の結果、受け取ったクーポンの合計と償還金(為替は14.56円と想定)

は205.9934円と当初の払込金額313,581円を107,588円下回ってしまう。

この例の場合、払込金額を下回らないためには償還時の為替レートが24.81円に上昇すればクーポンの合計額と償還金を足した金額が払込み金額とほぼ同じになる。

 

トルコリラ建て売出債の元本割れは止まりそうにない。

 

 

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら