スター精密ユーロ円CB:株価は転換売りを警戒


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489


精密部品の製造販売を行うスター精密<東証コード:7718>のユーロ円CB(2021年6月)は、6月2日の転換期限を前に株価は転換売りを警戒しているようだ。

<転換制限条項付き同ユーロ円CBの基本情報>
発行日:2016年6月16日
転換期限:2021年6月2日
償還日:2021年6月16日
転換価格:1,665円
発行額(残額):80億円(80億円)
転換制限条項:
翌四半期に行使できる予約権発生の条件
(a) 2017年5月31日まで 四半期最後の20取引日の株価の終値が、転換価格の150%超の場合
(b) 2021年3月15日まで 四半期最後の20取引日の株価の終値が、転換価格の130%超の場合
(c) 2021年3月16日以降 いつでも予約権を行使することが出来る

転換が意識されはじめた株価
同CBの転換制限条項(上記表参照)が2021年3月15日に無効となり、転換がいつでも可能となった。その後、株価は3月19日に転換制限条項無効後の高値1,750円を付けた後、株価は転換価格(1,665円)を挟んで一進一退の動きが続いている。
3月分の転換状況は4月20日に東京証券取引所から公表されるため、現時点で転換状況は確認できない。しかし、転換期限が6月2日に迫る中、投資家は転換かCBの売却かを迫られている状況だ。それは、転換期限を過ぎてしまうとCB価格は額面に収斂されてしまうからだ。そのため、3月に転換が進んだ可能性が高い。
なお、同CB80億円が株式に転換すると約480万株に相当するものの、同社は既に転換株数を上回る自己株式(約980.2万株)を保有している。転換には自己株式が用いられるであろう。それゆえ、新株は発行されない可能性が高い。しかし、株価にとって転換は需給悪化につながり、ネガティブ材料だ。
企業にとって転換は、自己資本を厚くで、同時に償還金を返済する必要が無くなるため
好ましい。株価と転換の攻防戦はしばらく続きそうだ。

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら