山善、リキャップCBを100億発行


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

工作機器や工具商社の山善<8051>が2026年4月償還の転換制限条項付きユーロ円リキャップCBを100億円発行した。払込み金額のうち、60億円が自己株式の買入に充当される。

 

ハードルが高い転換制限条項

同CBにはハードルが高い転換制限条項が設定されている。

転換制限条項は、四半期最後の20連続営業日の株価(終値)が、①2024年4月末までは、転換価格1,292円の150%(1,939円以上)、②2025年5月以降は転換価格の130%(1,680円以上)超えた場合に予約権を翌四半期に限り行使できるものの、設定価格はいずれも2017年11月の高値1,399円を上回る水準だ。

一方、起債額の内、60億円が自社株の買入に充当される。自社株買いは本日4月15日から2022年3月末まで、上限株数が1,000万株だ。これは発行株数の10.57%に相当する規模となる。しかし、あくまでも株価が600円の場合だ。昨日4月14日の株価が1,050円であり、この価格を基準に買入可能株数を試算すると発行済み株数の6.04%にあたる571万株となる。

なお、CBは利息負担がないものの、この起債に伴い自己資本比率が41.4%から28.8%に低下した(CBが全額株式に転換されると自己資本比率が59%に上昇する)。

まずは、株価が転換価格を目指すことができるかどうか。株価上昇にはその他の材料が必要だ。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら