ユーロ下落:米国と欧州10年国債の金利差拡大が一因


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

 

米国債と欧州各国の国債利回りとの金利差が拡大基調にある。ユーロが弱含んでいる要因にはこの金利差拡大があげられる。それは、ユーロと金利差(米国債と欧州国債)には逆相関の関係があるからだ。

 

拡大傾向にある米国債と欧州各国との金利差

米国債の金利上昇が欧州各国の国債よりも大きいため、米国債との金利差が拡大している(表参照)。一時、欧州各国の国債利回り(ドイツ債を除く)は米国債を上回っていたものの、現在では米国債金利が上回っている状況だ。

(10年債の金利差:2020年末以降)

年月 ドイツ イタリア スペイン ポルトガル ギリシャ
2021年3月 1.99% 1.03% 1.36% 1.48% 0.82%
最低 1.03% -1.58% -0.51% -0.65% -2.61%
最大 2.11% 1.07% 1.46% 1.52% 0.84%

 

通貨市場では金利差の拡大が嫌気され、ユーロが下落基調にあるようだ。それは米国債と欧州各国との金利差と、ユーロの相関係数が-0.8を超える強い逆相関の関係にあるからだ。欧州では新型コロナ感染が拡大しているため、米国との金利差が拡大傾向にあると考えられるため、ユーロには売り圧力となりそうだ。

米国債と欧州各国の国債利回りとの金利差が拡大基調にある。ユーロが弱含んでいる要因にはこの金利差拡大があげられる。

それは、ユーロと金利差(米国債と欧州国債)には逆相関の関係があるからだ。

 

拡大傾向にある米国債と欧州各国との金利差

米国債の金利上昇が欧州各国の国債よりも大きいため、米国債との金利差が拡大している(表参照)。

一時、欧州各国の国債利回り(ドイツ債を除く)は米国債を上回っていたものの、現在では米国債金利が上回っている状況だ。

(10年債の金利差:2020年末以降)

年月 ドイツ イタリア スペイン ポルトガル ギリシャ
2021年3月 1.99% 1.03% 1.36% 1.48% 0.82%
最低 1.03% -1.58% -0.51% -0.65% -2.61%
最大 2.11% 1.07% 1.46% 1.52% 0.84%

 

通貨市場では金利差の拡大が嫌気され、ユーロが下落基調にあるようだ。

それは米国債と欧州各国との金利差と、ユーロの相関係数が-0.8を超える強い逆相関の関係にあるからだ。

欧州では新型コロナ感染が拡大しているため、米国との金利差が拡大傾向にあると考えられるため、ユーロの売り圧力となりそうだ。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら