テスラの株価はどうなる


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

皆様お世話になっております。19日までの走行距離は89キロ、消費カロリーが5,666キロカロリー(体重換算は0.78Kg)です。目標の150キロまで61キロです。

米国株式市場が不安定になってきました。背景は金利の上昇です。長期、超長期金利が上昇し2年国債との金利差が拡大しています。インフレ率を考慮すると現在のFFは低すぎます。FRBは2023年までは引き上げないという方針なので、FF金利の影響を受けない長期、超長期金利が利上げ後の水準を探っています。カナダや英国も米国に追随し、超長期金利が上昇しています。超長期金利の上昇が住宅ローン金利の上昇に繋がるため景気にネガティブな材料です。

 

日銀が金融政策を変更しました。購入対象のETFはTOPIX型のみになりました。

日経平均型が外れることになったので、FリテイリングやソフトバンクG等の指数寄与度が高い銘柄がしばらくファンドのポジション調整で売られそうです。

ソフトバンクGは投資先がグロース銘柄ばかりなので逆風がすでに吹いていますが、この日銀の政策変更は新たなネガティブ材料です。強運の持ち主、佐護さんがソフトバンクGを3月一杯で退社されます。郵貯から絶妙のタイミングでソフトバンクGのCSOになられた方です。何か匂いだしたのかもしれませんね。

 

トルコが政策金利を2%引き上げ19%としました。トルコのインフレ率が15.61%なので、政策金利との差が3.34%となりました。トルコリラは買われ、対円では2月22日以来の15円台を回復しました。財務大臣交代後、徹底した通貨防衛策をとっています。財務大臣が変わり金融政策に本気度が伝わってきます。潮目が変わったのかもしれません。

フォルクスワーゲンがグループ傘下の全部ブランドの技術的基盤を統一させ電動化をすすめます。ついに巨人が動きはじめました。バイデン大統領の誕生で世界中の自動車メーカーが電動化に動きだしました。電気自動車市場がレッドオーシャン可。テスラは対応を迫られることでしょう。テスラのPERは885倍と株価が超割高です。一方、フォルクスワーゲンは17.3倍です。テスラ株をお持ちの方は夢が覚めないうちにサヨナラしたほうが良いと思います。テスラの時価総額は68.4兆円、フォルクスワーゲンが16.95兆円です。今後、テスラプレミアムが剥げ落ちる可能性があります。

来週の日本株も荒れそうですが、権利落ちが控えているため高配当銘柄は底堅く推移することでしょう。個人的にはトヨタの動きが気になっています。

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら