グーグルの時価総額が初の200兆円乗せ


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

 

コロナ

英国やスペインで感染者が増加中、今週も先週比で4%患者数が増えています。マレーシアは感染者数が先週比18.81%(21.40%)増加しました。マレーシアの患者数は先週415.9万人から526.5万人に増加しました。

 

 

相場全体

米国のダウ、S&P、ナスダックが史上高値を更新、米国に資金が集まっています。ダウ平均銘柄では、マクロナルド、ナイキ、アメリカンエキスプレス、マイクロソフト、J&Jが史上高値を更新。FAANGではアルファベットとFBが高値を更新しました。アルファベットの年初来上場率は51.7%、FBが35.37%(ナスダック指数15.12%)と、好調です。

アルファベットの時価総額は200.77兆円と初の200兆円台です。これでFAANG銘柄の内3銘柄(APPLE、アマゾン)が200兆円を超えました。たった3銘柄で600兆円越え。日本の時価総額は上場銘柄数2,189で、約743兆円(6月末時点)です。

 

 

香港市場から資金が逃げ、日本もオリンピック後のコロナ感染状況が不安で機関投資家は動けない環境なので米国株に資金がシフトしているのでしょう。

相対的に日本株に割安感があります。特にTOPIXコア30銘柄が割安です。予想PERは13.67倍とTOPIXの15.44倍、日経平均18.17倍を大きく下回っています。

特に日立、三井物産、本田技研、商事、トヨタなどに割安感があります。

香港市場は不動産銘柄が売られています。中国恒大集団[チャイナ・エバーグランデ・グループ]の株価の年初来下落率は約50%です。予想PERが3.35倍、PBRは0.55倍です。

配当利回りが10%超えの銘柄もあります。それは、中国金茂控股集団[チャイナ・ジンマオ・ホールディングス・グループ]の10.44%です。この銘柄の予想PERは3.85倍、PBRが0.57倍です。

 

債券市場

世界全体的にイールドカーブはフラットニング、ジャンク債も堅調です。ジャンク債が今週前半に急落する場面がありましたが資金が戻っています。

 

今週から本格的な決算発表が始まりました。来週から再来週にかけてピークを迎えます。忙しくなりそうです。

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら