GMO-PC:コール充足、転換が促進する可能性が高い


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489


消費者向けネット決済処理サービスを提供しているGMOペイメントゲートウエイ<3769>2023年6月償還ユーロ円CBのソフトコールが充足されたため、転換が加速する可能性が高まっている。

<同社2023年6月償還ユーロ円CBの基本情報>
発行日:2018年6月19日
転換期限:2023年6月5日
償還日:2023年6月19日
転換価格:7,533.6円
発行額(残額):170億円(99.5億円)
130%ソフトコール条項:2021年6月21日以降、株価の終値が、20連続取引日にわたり、転換価格の130%以上であった場合、額面金額で繰上償還することができる。なお、コールを行使する場合、保有者に対し当該20連続取引日の末日から30日以内に、30日以上60日以内の事前通知が前提条件となる。

ソフトコール条項が充足、転換が加速する可能性が高い
同CBのソフトコールが充足したため、同社はCBを6月21日以降にいつでも繰上げ償還することができる。なお、コールは株価(終値)が7,534円以上で推移している限り継続的に発生する。一方、権利の消滅は、現在15,000円台で推移している株価が7,533円以下(転換価格の130%以下)に下落し、その日の前日から30日以内に公告(繰上げ償還の意思)を行わない場合だ。しばらく権利の消滅は考える必要がなさそうだ。
このコールの発生により、転換が加速する可能性が高まっている。それは、ソニー6回債の転換がコール発生を機に進んだからだ。6回債のソフトコールは、2020年5月に充足したことを機に転換がすすみ、9月までの5カ月間で発行額(1,200億円)の約50%に相当する581.5億円が株式に転換された。そのため、市場では同社CB残額(99.5億円)の転換が注目されている。特に同社の場合、CBの転換には新株が発行されているからだ。CB残額が転換すると132万株の新株が発行されることになる。同社が保有している自己株式(71.4万株)を用いれることで発行額を減少させることもできるものの、EPSの希薄化は避けられない。転換が株価の重石となりそうだ。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら