ANA HD:2024年償還のユーロ円CBと29回債の金利差縮小


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

年初には0.83%だったANAホールディングス<9202>2024年償還のユーロ円CBと29回債の金利差は、ユーロ円CBの利回り低下を受け0.18%に縮小した。

<同社転換制限条項付き2024年9月償還ユーロ円CB基本情報>
発行日:2017年9月19日
転換期限:2024年9月5日
償還日:2024年9月19日
転換価格:5,009.7円
発行額(発行残額):700億円(700億円)
<29回債の基本情報>
発行日:2014年3月6日
償還日:2024年3月6日
クーポン:1.22%
発行額:300億円

CB利回り低下で29回債との金利差が縮小
ユーロ円CB(2024年9月償還)の利回り低下で、29回債との金利差が縮小した。

2銘柄の金利差は、年初0.57%だったが、昨日(22日時点)で0.18%を付けた。

CB利回り低下要因は、株価上昇による理論価格の上昇だ。株価が年初比318.5円上昇したことで、理論価格が6.35円押し上げられた。

結果、年初1.39%だった利回りは0.99%に低下した(図1参照)。
一般的に、同年限のCBと社債利回りを比較した場合、CBには株式に転換できるコールオプションがついているため最終利回り社債よりも低い。

株価下落によるCB価格の下落が現状の利回り逆転を導いた格好だ。現状、株価が上昇に転じているため、正常な状態に戻る日も近そうだ。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら