プラスに転じたスペイン、ポルトガル7年国債利回り


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

欧州国債の金利が上昇し、スペインとポルトガ7年国債利回りが2020年9月以来のプラスに転じた。欧州市場で、国債の利回りがプラスに向かい始めた。

〇プラスに転じた南欧諸国の国債利回り

昨日の欧州国債市場では、前日マイナス0.038%で取引きされたスペイン7年国債金利がプラス0.007%、マイナス0.013%だったポルトガル7年国債利回りがプラス0.035%に上昇した。プラス金利は、スペイン7年債が2020年9月13日、ポルトガル7年債が2020年9月21日以来だ。欧州市場では、南欧諸国の国債金利がプラスに転じ始めた。

米国債同様、欧州市場でも長期債金利が上昇しているため、中期債(2年債)との金利差が拡大している(表参照)。そのため、各国ではより長い国債から順次、利回りがプラスに転じている。
イタリア5年債はすでにプラス。イタリアに続き、現在マイナス0.21%のポルトガルやマイナス0.23%のスペイン5年債もプラスに転じる日が近いかもしれない。

10年国債と2年国債との金利差 (%)
ドイツ フランス イタリア スペイン ポルトガル ギリシャ
2020/12/31 0.143 0.374 0.958 0.673 0.760 0.738
2021/2/18 0.347 0.529 0.962 0.805 0.793 1.034
変化幅 0.204 0.155 0.004 0.132 0.033 0.296

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら