シップヘルスケアHDユーロ円CBの乖離率が縮小、転換まであと少し、


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

医療機器、整備を一括販売しているシップヘススケアHD<東京コード:3360>の株価がCB起債以来の高値をつけたことを受け、乖離率が5%台と転換を意識する水準まで縮小した。

 

乖離率は5.9%と起債以来の最低

当初のプレミアムは17.99%だったが、株価の上昇とともにかい離理が縮小し、昨日の乖離率は5.9%と、起債以来の最低を更新した(図1参照)。

 

同社は2020年5月の取締役会において、最大額20億円(株数48万株)の自己株買い(2020年5月13日から2021年3月末)が決定された。2020年12月迄の進捗状況は23.89万株、金額が10.78億円だ。

2021年3月期第2四半期時点の発行株式数は5,083.47万株、自己株が365.95万株だった。

CB250億円が株式に転換された場合約475.2万株に相当する。

現在保有している自己株を転換に用いた場合、新株の発行は109.3万株に抑えることができる。

また、自己株買いの枠が9.2億円残っているため、17.5万株(株価1月25日終値6110円)の余力はある。

最終的に自己株式を転換に用いた場合、新株の発行は約92万株に抑えることができそうだ。

この場合、新株起債にともなうEPSへのインパクトは1.8%前後に収まるため、株価への影響は小さいといえそうだ。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら