投資適格からハイイールドに!インデックスが高値を更新


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

 

ハイイールドETF<HYG>が起債以来の高値を更新する一方、投資適格ETF<LQD>

の上値が重い。この背景にはイールドカーブのスティープニングが影響しているようだ。

 

運命を分けた指数構成銘柄

ハイイールドETFと投資適格ETFの構成銘柄を調べると大きな隔たりがあることが分かる。

それは構成銘柄の中心年数がハイイールドETFの3~7年に対し、投資適格は超長期債(10超)が中心だ(表参照)。

投資適格ETFは、1,056銘柄(構成銘柄の45.04%)相当の超長期債が組み入れられた銘柄だ。

このことから投資適格ETFの価格は、超長期債の影響を受けやすいと言える。

現在、米国債市場では長期・超長期債の利回りが上昇し、イールドカーブが立ち始めている(図1参照)。

米国債の30年債と5年債の金利差は年初比10bp拡大した。これは投資適格ETFの価格押し下げ要因となる。

 

   1-3年  3-5年  5-7年  7-10年  10年超 銘柄数
投資適格ETF 0.08% 16.65% 17% 19.20% 45.04% 2,345
ハイイールドETF 10.58% 28.61% 32.55% 23.56% 3.91% 1,276
推定銘柄数  1-3年  3-5年  5-7年  7-10年  10年超 銘柄数
投資適格ETF 2 390 399 450 1,056 2,345
ハイイールドETF 135 365 415 301 50 1,276

 

2020年の騰落率は投資適格ETFが10.9%、ハイイールドETFが4.4%

2020年の各ETFの騰落率は投資適格ETFが10.9%とハイイールドETFの4.4%を2倍以上上回った。

しかし、2021年1月から現在(1月20日)までの成績は投資適格ETFがマイナス1.3%、ハイイールドETFはプラス0.25%だ。

ハイイールドETFはローンチ以来の高値を更新した。投資適格ETFからハイイールドETFに資金がシフトしているようだ。

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら