GMの株価が急伸、時価総額がダイムラーを超えた


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

 

クレジットが改善傾向にあった米国の大手自動車メーカーGMの株価が急伸し、

時価総額が8兆円台に乗せた。これはダイムラーの7.5兆円を上回る金額だ。

〇GMの株価が急伸、時価総額がダイムラーを上回った

GMの株価が急伸、終値は前日比9.7%上昇し2010年11月の再上場以来の高値54.84ドルをつけた。また、この上昇により時価総額が8.15兆円となり、ダイムラーの7.5兆円を上回った。

〇社債のTスプレッドは2019年末以来の最低水準

同社の社債のクレジットは改善傾向が鮮明で、Tスプレッドは超長期債を中心に2019年末以来、最低水準を更新した(図2、表参照)。スプレッドは2019年末と比較し、4%2025年債が36bp、6.6%2036年債が91bp、5.2%2045年債が79bp縮んだ。

年月日 4%2025年4月償還 6.6%2036年4月償還 5.2%2045年4月償還
2019年末 118 291 281
2021年1月19日 82 200 202
変化幅 -36 -91 -79

〇株価とCDSは負の相関関係

株価とCDSの相関係数は-0.82と負の相関が観測された(2020年3月から現時点)。

これはクレジットと株価が逆の動きをしていることを意味している。社債スプレッドは

縮小傾向にあるため株価にはフォローの風が吹いている。フォルクスワーゲンとの時価総額の逆転は起きるか。差額は1.997兆円だ。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら