ユニゾHD社債が下げ止まらない:9回債、12回債はすでに20円割れ


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

 

2020年6月にEBO(従業員による会社買収)により上場廃止となったユニゾHDの社債価格が下げ止まらない。

2022年11月償還の10回債以降の銘柄がすべて50円を下回り、最長債(残存6.86年12回債)は18.588円という水準だ。

 

〇格下げとともに社債価格が下落

4月上旬にBBB+だった同社の格付け(JCR)は、9月10日にBBB⇒12月21日BBB-に⇒12月28日にはBB+(見通しネガティブ)と継続的に引き下げられた。社債価格は格付けの引き下げとともに下落。

現在、残存1.86年10回債以降の銘柄がすべて50円以下という水準だ。最長債の12回債は18.59円と額面の五分の一だ(表参照)。市場は債務不履行リスクを警戒している。

帝国データバンク2019年の調査によると、2004年以降会社更生法を申請した193件のうち、一般更生債権の弁済率が判明した166件の平均弁済率は11.4%だった。

社債価格は償還が短い銘柄ほど高いものの、償還を5月に迎える2回債の価格は72.6円と額面を大きく下回り、利回りは110.00%という高水準だ。

ユニゾは保有ビルの多くを既に売却したため、収入源が細っている。非上場のジャンク債にはなかなか買い手が見つからないようだ。

現存している社債は11銘柄、990億円だ。何回債までの銘柄が償還を迎えることが出来る

か。

 

JCR格付け BBB+ BBB BBB- BB+*-
償還 残存年数 回号 2020/4/3 2020/9/10 2020/12/21 2020/12/28 2021/1/18
2021/5/26 0.35 2 99.58 90.53 80.67 75.00 72.60
2021/11/28 0.86 4 99.29 85.51 71.50 63.88 65.79
2022/5/27 1.35 7 99.08 83.80 66.17 63.88 53.59
2022/11/28 1.86 10 99.23 80.95 57.50 56.79 44.61
2023/5/26 2.35 3 99.06 77.49 54.70 53.83 40.60
2023/11/29 2.86 5 98.69 74.87 54.06 50.00 34.99
2024/5/29 3.36 8 98.04 71.93 51.93 48.05 31.96
2024/11/28 3.86 11 98.35 69.55 48.68 44.08 29.28
2026/11/27 5.86 6 96.46 59.37 32.38 32.48 20.71
2027/5/28 6.36 9 96.97 58.05 31.17 31.26 19.36
2027/11/26 6.86 12 98.18 57.39 30.61 30.68 18.59

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら