IPOに参加しよう、当たるかどうかは運しだい


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

皆様お世話になります。

今週の燃料電池関連は下落、フュールセルは先週比約18%下落しました。

前週75%も上昇した銘柄なので仕方ないです。

FCEL フューエルセル・エナジー 5週連続の陽線ならず

 

ところで皆さんはIPOに参加されていますか?私は今まで興味がなく、IPOスルーしていましたが銘柄を絞って参加することにしました。

12月は26銘柄が新規上場し、その中で特に上昇が期待できる銘柄が6銘柄あります。

スタメン(4019)、ビートレンド(4020)、かっこ(4166)、ココペリ(4167)、東京通信(7359)、オンデック(7360)、です。

基本的に利益がまだ出ていない企業が多いので長期投資はしません。

IPOに参加するためには事前入金が必要な証券会社が多いですが、松井、ライブスター、岡三オンライン、DMM株等は事前入金が不要なので資金を用意する必要がありません。口座を作って申し込みするだけです。

お宝銘柄が当たるかもしれませんよ。参加するのはただなので皆さんも申し込みをしましょう。

IPOのコラム頼まれていていろいろと調べていたら参加したほうが得だという結果になりました。中にはひどい銘柄もあるので注意してください。

 

日本株は日経平均の寄与度が高い銘柄が狙われ、東京エレクは史上最高値を更新。ソフトバンクやアドバンテストも堅調です。

一方、岩谷産業は休息に入っています。この銘柄は来年からの銘柄なので、今のうちに拾っておきましょう。10年後には100倍になっているかもしれません。

(投資は自己責任)。

 

市場はリスクオンです。債券市場は新興諸国のドル建て国債に資金が流入、また、ジャンク債も買われ、ジャンクのETFが年初来高値を更新しました。

新型コロナの感染者はまだ増え続けています。

どの時点で「患者数の減少」が株式市場のターニングポイントと

なるかもしれません。

 

 

クレジット市場

リログループ(8876)がユーロ円CB(7年債)を起債しました。プレミアムCB(発行価格が高い)で募集が110.5%、払込みが108%(償還は100%)。

230億円の8%18.4億円)が社債を発行したことによる利益となります。

 CBCALLオプションと社債に分離でき、行使価格を低めに設定するとCALLの価値が高くなり理論的にこういう結果になってしまいます。

110.5%のCB買うなら株を買ったほうが良いと思います。投資家をなめんじゃねえという声が聞こえてきそうですね。どうせ、債券とOPTIOが帳簿上で切り離され、OPTION HFが保有。債券は打ち返され、リパッケージ債として最終投資家に販売されます。

 幹事会社が一番おいしいい案件です。CB手数料は2.5%がコア収益ですが、

そのほか、リパッケージに伴い、社債売却益などが入ってきます。

 

クレジットスプレッド

 

期間5年

USD

B T+367(先週382bp)

BB T+269(277bp)

BBB T+70 77bp)

A T+40(45bp)

AA T+26(32bp)

AAA T+22(31bp)

 

EUR

 

BB T+276bp(294bp)

BBB T+83bp(84bp)

A T+63bp(63bp)

 

◆年初からの各国株式指数

銘柄 週末引け 年初比(%)

日経平均 26751.24円 +13.08%

NYダウ 30218.26 +5.89

Nasdaq総合 12464.23 +38.91%

SOX指数 2793.03 +51.01

ブラジル 113750.22 -1.64

FT100 6550.23 -13.16

CAC 5609.15 -6.17

IBEX35  8322.90 -12.84

FTSE MIB 22178.80 -5.65

DAX  13298.96 +0.38

トルコ 1330.87 +16.31

ロシア 3184.72 +4.56

中国CSI300   5065.92 +23.66

ハンセンH 10624.65 -4.87

 

 

国債金利

 

◆国債金利(先週末%)

米国、カナダがスティープニング

 

 

2年 5年

10年 30年

0.149(0.159)0.421(0.371)

0.971(0.824)1.738(1.521)

-0.757(-0.768) -0.759(-0.766)

-0.550(-0.585) -0.126(-0.181)

 

日本

-0.152(-0.169)-0.117(-0.132)

0.019(0.006)0.643(0.620)

 

データ:Bloomberg等

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら