ポルトガル国債利回りが年初来最低を更新、10年債がマイナスすれすれ


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

南欧諸国の国債金利低下に歯止めがかからない。昨日、ポルトガルの国債金利が全期間に渡り年初来の最低水準を更新した。

10年国債の金利は0.006%と、本日にもマイナスに突入しそうな水準だ。

現在、ユーロ加盟国で10年国債の利回りがマイナスなのは、ドイツ、フランス、オランダの4カ国だ。

 

〇ポルトガルの10年債は0.006%とマイナス金利直前

 

昨日、ポルトガルの10年国債が買われ、マイナス金利手前の0.006%を付けた。

昨年末の金利と昨日の水準を比較すると、期間が長い国債ほど金利の低下幅が大きい傾向が読み取れる。

これは行き場を失った資金がより高い金利を求め、長期・超長期債に流れた結果イールド・カーブがブル・フラット化した。

 

(%)
  2年 5年 10年 15年 30年
昨年末 -0.569 -0.117 0.434 0.8 1.346
11月27日 -0.697 -0.463 0.006 0.375 0.728
低下幅 -0.128 -0.346 -0.428 -0.425 -0.618

 

〇マイナス勢力拡大中

 

ユーロ加盟国ではマイナス金利の勢力が拡大している。現在、ドイツやオランダは

30年債までの国債の金利が全てマイナスとなっている。

ドイツ、オランダ以外のマイナス利回りは、フランスが15年迄、スペインとポルトガルが7年迄、イタリアが3年迄、ギリシャが2年迄という状況だ(表参照)。

(%)
  フランス15年 スペイン7年 ポルトガル7年 イタリア3年 *ギリシャ2年
昨年末 0.347 0.145 0.155 0.221 0.188
11月26日 -0.181 -0.257 -0.262 -0.252 -0.11
低下幅 -0.528 -0.402 -0.417 -0.473 -0.298

 

〇次はポルトガル10年債が有力

 

次に利回りがマイナスに入りそうな国債は、ギリシャとイタリアの5年債、スペインとポルトガルの10年国債が候補に挙がるが、ポルトガル10年が有力だ(図1と表を参照)。

ポルトガル10年債利回りが0.006%と4銘柄の中でもっとも低いからだ。

 

Dates ギリシャ5年 イタリア5年 スペイン10年 ポルトガル10年
11月26日 0.033% 0.031% 0.049% 0.006%

 

欧州市場ではマイナス金利の拡大が止まらない状況だ。

 

⊛お願い:リンクを貼り付けて頂ける場合は連絡をいただけると幸いです。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら