年率172%の国内債誕生


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

ユニゾホールディングス(東証コード:3258、2020年6月18日上場廃止、以下「ユニゾHD」と呼ぶ)の1回債の償還日は2020年11月27日に迫っているものの、年率換算利回りは172%台という驚異的な水準だ。

 

〇利回りが172%台のユニゾHD1回債

現在、ユニゾHDの格付けは投資適格であるBBB(JCR、見通しはネガティブ)だ。しかし、償還が11月27日に迫っている1回債には0.84%のクーポンが設定されているものの、価格は95.087円と額面を大きく下回っている。利回り172%に相当する水準だ。

一般的な債券の場合、償還間際の債券価格は100に収斂するものの、この債券価格は異常といえるレベルだ。

 

〇他の銘柄も額面割ればかり、最低は12回債の30.06

ユニゾHDは1回債の他、11銘柄の国内債を発行しているが社債価格はすべて額面を下回っている。価格が最も安い銘柄は、最長12回債(2027年11月26日償還)の30.06円だ。

なお、2023年11月償還の5回債より長い銘柄は50円を下回っている(表参照)。

昨年末と価格を比較すると償還期間が長い銘柄ほど価格が大きく下落している。

昨年末時点の1回債と12回債の価格の差は1.63円だったが、11月11日時点で65円に

拡大した。これは長期債ほどデフォルトリスクが高まっていることを示している。

Dates 1回債 2回債 4回債 7回債 10回債 3回債
12月30日 ¥100.14 ¥99.65 ¥99.37 ¥99.18 ¥99.37 ¥99.30
11月11日 ¥95.09 ¥76.59 ¥68.05 ¥62.38 ¥52.75 ¥50.64
変化 ¥-5.05 ¥-23.06 ¥-31.32 ¥-36.80 ¥-46.62 ¥-48.66
Dates 5回債 8回債 11回債 6回債 9回債 12回債
12月30日 ¥99.01 ¥98.40 ¥98.74 ¥96.76 ¥97.29 ¥98.51
11月11日 ¥49.57 ¥47.49 ¥44.47 ¥31.73 ¥30.57 ¥30.06
変化 ¥-49.44 ¥-50.91 ¥-54.28 ¥-65.03 ¥-66.72 ¥-68.44

12回債を額面1億円、30.06円(3,006万円)で購入し、無事償還を迎えることができると償還益は7,000万円弱となる。

デフォルトが起きてしまうと債権回収率により弁済率が決まる。

過去の例ではJALの弁済率が12.5%、エルピーダが17.4%だった。

利回りは日経リンク債をも上回るユニゾHDの利回り水準。まずは1回債の償還が

注目される。

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら