バイデン爺で盛り上がれ再生エネルギー関連


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

皆様お世話になります。

 

大統領選はバイデン爺に決まりそうですね。

トランプさんが嫌いでバイデン爺という結果なのでバイデン爺の期待値はそれほど高くないと言えます。

上院は共和党が現在優勢です。

過半数をとればバイデン爺の富裕層増税やキャピタルゲイン課税の引き上げも法案が通りにくくなるので富裕層は共和党を応援していることでしょう。

バイデン爺は「パリ協定に再加入」を公約しています。

菅総理とベクトルが同じ方法です。株式市場は「再生可能エネルギー」がテーマになりそうですね。

90年代後半にも燃料電池関連の株価が暴騰したことがありました。

株価はその後、大暴落。私が投資したPLUGパワーは100万円が2,500円になりました。

この会社は今の赤字です。

今度こそ頑張ってくれ!私は赤字企業の株はPLUGで懲りたのでもう買いません。

今回、私は岩谷産業にかけています。株を4,000円で500株買いました。

長期投資です。

国内債券市場

エイチ・アイ・エスが大変だ!

格付け JCR BBB- 方向性 ネガティブ(10月29日)

社債利回りが急騰しています。

2021年10月償還2回債の利回りは17.4%です。

社債価格(気配)は86.31円、最低額面は1億円。

受渡金額は額面1億円につき8631万円+経過利息

来年10月には1億円で償還される可能性があります。

デフォルトを起こしてしまうともとも子もありません。

今回が投資適格からジャンクに引き下げられる可能性

が高いため、社内規定で保有できなくなった機関投資家の

投げの可能性が高く2回債への投資妙味はあります。

ご友人5名で一人1730万円ぐらい投資すると無事償還をむかえると

一人280万円ぐらい儲かります。債券の場合は売り物があれば

の話です。株のように簡単には買えません。

社債はショートが振れません。振ってしまったら「高い値段で買い戻す」か

「他の保有者に頭を下げ高い価格で買う」のどちらかです。

国債は流動性が高いので問題ありませんが社債は満期保有投資が多いのでなかなか売りが出ません。

 

お金持ちにはユニゾの社債もあります。

一番安い社債は12回債の30円前後。

償還は2027年11月26日です。

7年後に100円で償還されるかもしれません。

ほとんどこの値段はデフォルト前提の価格です。

回収率が30%というプライシングです。

ユニゾ 格付け JCR BBB(NEG)

為替

リラ売りが止まりません。史上初の12円割れとなるか?

エルドラン大統領は国をつぶすきですかね。

まともな金融政策ができない中央銀行は不幸です。

これで原油が上昇したらおしまいDEATH。

リラ建ての金価格は高値を更新中。

コロナ感染状況

 

フランスのコロナ感染者数がスペインを上回りました。

コロナの拡大が衰えていません。欧州は感染者数が10%超と深刻な状態が続いています。

 

 

クレジット市場

 

クレジットはしっかりです。米国ハイイールドETFが先日

高値をつけました。

フォードのカーブは短期・中期を中心に利回りが低下しています。

図は10月末と11月6日のカーブです。

FORDの格付けはジャンクBBです。

 

クレジットスプレッド

 

期間5年

USD

B T+386(先週449bp)

BB T+280(329bp)

BBB T+82 (90bp)

A T+46(52bp)

AA T+31(37bp)

AAA T+30(35bp)

EUR

 

BB T+308bp(338bp)

BBB T+98bp(105bp)

A T+68bp(73bp)

 

データ集

 

株価6,722円(7,082円)

 

ソフトバンクGの社債利回り( )=前週

6%永久劣後USD @95.30(92.687) YTC7.96%(9.09%) T+777bp(891bp)

(CALL=2023年7月)

2023年償還債

・USD5.5%2023/4/20

11月6日:105.493  2.89% T+273bp(円 2.395% T+254bp)

10月30日:104.837 3.22% T+305bp (円 2.694% T+282bp)

10月23日:105.468 2.95% T+278bp (円 2.425% T+255bp)

10月16日:105.833 2.80% T+265bp (円 2.690% T+275bp)

10月9日:105.611 2.92% T+275bp (円 2.385% T+251bp)

10月2日:105.199 3.13% T+298bp(円 2.604% T+273bp)

9月25日:104.714 3.36% T+322bp(円2.817% T+297bp)

9月18日:105.441 3.06% T+291bp (円2.507% T+265bp)

9月11日:105.456 3.07% T+294bp (円2.524% T+266bp)

9月4日:106.773 2.53% T+237bp (円1.967% T+210bp)

8月28日:106.775 2.55% T+241bp (円2.06%T+211bp)

8月21日:106.76 2.57% T+242bp (円2.04%、T+215bp )

8月14日:107.474 2.30% T+214bp(円1.74% T+185bp)

 

・EUR4.0%2023/4/20

11月7日:103.653 2.29% T+309bp(円2.706% T+285bp)

10月30日:103.059 2.58% T+340bp(円2.980% T+310bp)

10月23日:103.626 2.33% T+310bp(円2.718% T+285bp)

10月16日:104.08 2.14% T+293bp (円2.504% T+264bp)

10月9日:104.34 2.04% T+278bp (円2.406% T+253bp)

10月2日:104.021 2.20% T+293bp (円2.56% T+269)

9月25日:103.25 2.558% T+328bp(円 2.887% T+304bp)

9月18日:104.316 2.101% T+281bp (円2.436% T+258bp )

9月11日:104.082 2.21% T+293bp(円2.531% T+267bp )

9月4日:105.22 1.74% T+246bp(円2.07%  T+220bp)

8月28日:104.964 1.87% T+256bp(円2.17% T+229bp)

8月21日:104.98 1.87% T+258bp(円2.17% T+229bp)

8月14日:105.46 1.69% T+236bp(円1.96% T+207bp)

・JPY49回債(2023/4/20)

11月7日:100.81 1.599% T-175bp

10月30日:100.756 1.624% T+175bp

10月23日:100.774 1.619% T+175bp

10月16日:100.804 1.609% T+175bp

10月9日:100.774 1.624% T+175bp

10月2日:100.804 1.614% T+175bp

9月25日:100.859 1.595% T+174bp

9月18日:100.839 1.605% T+175bp

9月11日:100.809 1.619% T+175bp

9月4日;100.802 1.62% T+174bp

8月28日:100.642 1.68% T+180bp

8月21日:100.405 1.78% T+189bp

8月14日:100.28 1.83% T+195bp

 

USD6%2025/7/30

11月7日:105.827 4.545%T+422bp(円3.83% T+395bp)

10月30日:105.758 4.56%T+422bp(円3.80% T+390bp)

10月23日:106.709 4.344%T+400bp(円3.58% T+368bp)

10月16日:106.90 4.30% T+401bp(円3.57% T+368bp)

10月9日:106.772 4.34% T+403bp(円3.59% T+368bp)

10月2日:105.831 4.57% T+430bp(円3.837% T+395bp)

9月25日:105.290 4.730% T+446bp(円3.96% T+408bp)

9月18日:106.820 4.34% T+408bp(円 3.627%T+374bp)

9月11日:107.055 4.30% T+407bp(円 3.595%T+369bp)

9月4日:109.773 3.69% T+341bp(円 2.97%T+306bp)

8月28日:109.67 3.72% T+347bp(円 3.01% T+309bp)

8月21日:109.665 3.73% T+347bp(円 3.05% T+313bp)

8月14日:109.952 3.67% T+339bp(円2.95% T+303bp)

 

EUR4.75%2025/7/30

11月7日:107.342 3.00% T+381bp(円3.403% T+352bp)

10月30日;106.249 3.26%T+407bp(円3.64% T+374bp )

10月23日;107.332 3.02%T+380bp(円3.39% T+349bp )

10月16日:107.609 2.916% T+377bp(円3.32% T+343bp )

10月9日:107.870 2.911% T+365bp(円3.25% T+335bp )

10月2日:107.166 3.078% T+381bp(円3.401% T+351bp)

9月25日:106.983 3.128% T+385bp(円3.427% T+354bp)

9月18日:108.09 2.88% T+358bp(円 3.1997% T+331bp)

9月11日:107.414 3.04% T+374bp (円 3.35% T+345bp)

9月4日:110.114 2.448% T+315bp(円 2.75% T+284bp)

8月28日:109.745 2.53% T+320bp(円 2.83% T+290bp)

8月21日:109.727 2.54% T+326bp (円 2.84% T+293bp)

8月14日:110.122 2.47% T+312bp(円2.74% T+281bp)

 

JPY 55回債 2025/4/25

11月7日:99.668 1.72%(T+184bp)

10月30日:99.585 1.73%(T+184bp )

10月23日:99.583 1.73%(T+184bp )

10月16日:99.644 1.72%(T+184bp )

10月9日:99.559 1.74%(T+185bp )

10月2日:99.641 1.72%(T+184bp)

9月25日:99.682 1.71%(T+183bp)

9月18日:99.660 1.71%(T+184bp)

9月11日:99.552 1.74%(T+185bp)

9月4日:99.507 1.751%(T+184bp)

8月28日:98.186 1.82% (T+190bp

8月21日:98.800 1.90% (T+200bp)

8月14日;98.078 2.09%(T+215bp)

アリババ

株価 $300.10($307.31)

 

◆年初からの各国株式指数

銘柄 週末引け 年初比(%)

日経平均 24325.23円 +2.83

NYダウ 28323.40 -0.75

Nasdaq総合 1895.23 +32.57

SOX指数 2529.27 +36.74

ブラジル 100925.11 -12.73

FT100 5910.02 -21.64

CAC 4960.88 -17.02

IBEX35  6870.40 -28.50

FTSE MIB 19681.68 -16.27

DAX  12480.02 -5.80

トルコ 1191.96 +4.17

ロシア 2895.62 -4.93

上海A   3379.53 +7.50

ハンセンH 10497.80 -6.00

 

 

国債金利

 

◆国債金利(先週末%)

 

2年 5年

10年 30年

0.153(0.154)0.361(0.384)

0.822(0.872)1.603(1.659)

 

 

-0.789(-0.803) -0.805(-0.824)

-0.622(-0.628) -0.206(-0.223)

 

日本

-0.159(-0.138)-0.126(-0.104)

0.014(0.033)0.620(0.635)

 

データ:Bloomberg等

過去のブログ:https://blog.goo.ne.jp/6636_1963

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら