GPIFも被害者だ!訴訟しなきゃ!


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

wai

6月17日のワイヤーカードの時価総額は1.5兆円でした。2日後には3560億円になってしまいまいた。

社債価格の暴落です。なげなげの世界。

 

株の下落を受けPUTオプション価格が急騰しています。まさか25PUTがインザマネーになるなんて

誰も思っていなかったと思います。

 

 

皆様お世話になっております。

国民健康保険の納入通知書が届きました。

今年は安くなっていると期待して封を開けるとビックリ

なんと、昨年よりひと月当たり2万円の増額。

所得額に株式の売却利益が入っていたことが主因でした。

売却益の12%ぐらいが徴収されてしますます。

個人事業主は会社員と違い全額負担。

個人負担はパンパではありません。

金額は月の食費より高いです。

日本は超高齢化社会、今後も支払い額が増加するでしょう。

よい制度だと思いますが仕組みが限界にきているように思えます。

負担額が重すぎます。

このままでは破綻に向かってGOです。

 

国民年金制度も限界にきています。

今後考えられるのは、専業主婦から徴収、現在60歳までの支払い期限を

延ばす、負担額を増やす、現在65歳からの支払い年齢を延ばす、などが考えられます。

満額需給でも国民年金の受給額は現在年77万円程度。月当たり6.4万円です。

サラリーマン家庭にはこのほか厚生年金が払われるので月当たり平均15万円程度支払われています。それにしても少ないですね。

 

特に個人事業主にとって老後は危機的。

資産運用はやはり重要ですね。

金融を学ぶ必要がありそうです。

 

家庭教師しますよ!

株式市場

ドイツのワイヤカードの株価や債券価格が暴落しています。

要因はあるはずの19億ユーロの所在が不明なこと。

 

図が株価と債券価格、利回りの推移です。

17日時点で104.24ユーロでした。

18日に36ユーロ

19日24.1ユーロ

2日で株価が23%になってしまいました。

債券価格も82.274ユーロから36.51ユーロに暴落。

利回りは4.9%から26.7%に急騰しました。

債券はデフォルトを想定しています。

株主ばかりか社債ホールダーが大損失。

一方、この下げでPUTオプションが急騰。

7月限 ストライク35のPUTは

6月17日時点で1.04ユーロ

18日:9.28ユーロ

19日:17.22ユーロ

2日で17倍になりました。

 

実は、GPIFもこの会社の株を2019年3月時点で125.6万株保有しています。

我々の年金原資が2日で120億円消滅しました。

この会社はDAX指数の構成銘柄です。

ひどい話です。

クレジット市場

ドル債は縮小していますがユーロ債が拡大してきました。

 

Tスプレッド

ジャンク中心に拡大。

期間5年

USD

B T+501(前週517bp)

BB T+403bp (426bp)

BBB T+118bp (132bp)

A T+66bp (76bp)

EUR

BB T+322bp(307bp)

BBB T+143bp(147bp)

A T+94bp(96bp)

 

CB

DCM HDの株価が史上最高値を付けました。

株価はソフトコールの設定水準1160円に迫っています。

残額が161億円。

本格的な転換が始まりそうです。

 

データ集

ソフトバンクグループ

円債が買われてきました。

 

株価5483円(5071円)

保有株式:14925円(14557円)

株主価値:11540円(11172円)

(NETかい離:6057円 (6101円)

(グロス:9442円(9486円)

https://group.softbank/ir/stock/sotp-bk

マサレシオ:47.51%(45.39%)

(グロス:36.73%(34.83%)

LTV:13%(14%)

 

ソフトバンクGの社債利回り( )=前週

6%永久劣後USD @92.74(90.47) YTC8.74%(9.63%) T+851bp(940bp)

(CALL=2023年7月)

2023年償還債

USD5.5%2023/4/20 104.352(102.797) 3.71(4.34%) T+350bp(413bp)

Yen swap 3.01%(T+316bp)

EUR4.0%2023/4/20 102.894(103.178) 2.84%(3.27%) T+354bp(397bp)

Yen Swap 3.07%(T+322bp)

JPY49回債(2023/4/20) 98.62(97.77)2.44%(2.64%) T+259bp(280bp)

 

アリババ

株価 $220.64($217.64)

 

◆年初からの各国株式指数

銘柄 週末引け 年初比(%)

日経平均 22478.79円 -4.98

NYダウ 25581.46 -9.35

ブラジル 96572.10 -16.49

FT100 6292.60 -16.57

DAX  12330.76 -6.93

ロシア 2758.67 -9.43

上海A   3110.56 -2.67

ハンセンH 9974.59 -10.69

トルコ 113611.89 -0.71

 

 

国債金利

 

◆国債金利(先週末%)

2年 5年

10年 30年

0.186(0.191)0.327(0.328)

0.695(0.705)1.461(1.456)

-0.687 (-0.685) -0.660(-0.662)

-0.422(-0.442) 0.014(0.039)

日本

-0.177(-0.171)-0.114(-0.118)

0.004(0.009)0.560(0.522)

 

データ:Bloomberg等

過去のブログ:https://blog.goo.ne.jp/6636_1963

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら