自分年金 債券 おさらい


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

債券

自分年金13

 

債券の“おさらい”

 

  • 債券は期間が長いほど金利が高い
  • 債券は期間が長い銘柄ほど値動きが大きい
  • 債券は同期間ならクーポンが高いほど値動きが小さい
  • 債券の天敵はインフレ
  • 債券の投資金額は商品により異なる

(例:個人向け国債1万円、機関投資家向け1億円)

  • 国債は国が償還を保証
  • 国債は証券会社他、銀行でも購入できる
  • 社債の取り扱いは証券会社のみ
  • 国債の流動性は高いが社債は低い
  • 社債は無担保(電力債は担保付き)
  • 債券はデフォルトがおきると元本割れ確実
  • 債券の金利は同期間の国債が基準
  • 国債利回りを下回る社債は存在しない(CB除く)
  • 仕組債の格付けは高いが仕組みの格付けではない。
  • 仕組債は表面金利が高いがリスクも高い
  • 仕組み債はオプションの売りが仕込まれている
  • 売却益は期待薄(CB、外債除く)
  • 債券で儲ける方法は不祥事で価格が急落した場合

例:東京電力、シャープ

ただし、デフォルトが起きれば額面割れ

  • 外債は為替リスクを伴う
  • 高金利通貨の国はインフレ率が高い

㉑ 高金利は通貨下落のリスクが隠れている

㉒ 債券は儲かる商品ではない

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら