陽はまた昇る 大型バリューに勝機あり


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

皆様お世話になっております。

  1. 今月の走行距離は5キロです。明日と23日に30キロ走る予定なのでなんとか今月も目標150キロを達成できそうです。

東京マラソンは3月に延期となりました。中止ではないため参加費を新たに支払わなくてよいそうです。また、今回はキャンセルができ、その場合は資金が返金されるそうです。

最近は、低酸素ジムのアスリートプログラムにはまっています。目標は時速20キロ、

20秒を8セットです。現在、時速17キロ、20秒を6セットクリアしました。来週は17キロ20秒、8セットに挑戦します。

 

2株式市場

米国の3年債と2年債の金利差が拡大しています。これは利上げを先取りした動きです。利上げが実施されるとイールドカーブはフラッニングします(短中期の国債金利の上昇は長期より大きいため)。利上げ前は10年債の動きをおっていてもなにも分かりません。イールドカーブの形状やジャンク債の動き見るようにしましょう。

 

 

 

ジャンク債は、相変わらず高止まっている状況です。

ジャンク債(ハイイールド)は国債対比の金利差(Tスプレッド)が大きいため、国債金利が上昇してもスプレッドがクッションとなります。Tスプレッドの動きやHYG ETFの動きには注意しましょう。

米国株式市場は上値が徐々に重くなっています。FAANGの指数への影響力が大きすぎです。FAANGやテスラなど割高銘柄が売られると、SP500指数が下落するリスクが高まっています

 

中国・香港市場からは資金が流出中。中国が社会主義に回帰しているため経済成長の鈍化が予想されます。海外の年金資金は今後もポジションを縮小するでしょう、この結果、年金資金が日本市場に流入する可能性があります。彼らが投資する銘柄は大柄割安銘柄。

 

 

日本製鉄、JFE,ブリヂストン、トヨタ、商社銘柄などバーゲン価格です。先日、日本製鉄の

株価が急落しましたが、これはユーロ円CB3000億起債に伴い、潜在株式数の増加が嫌気されたためです。しかし、今回の資金使途は設備投資資金です。CBの起債コストは0円、クーポンも0%なので実質的に無利息で3000億円調達したことになります。企業にとってはプラス材料です。今後はこの調達した資金を効率的に活用することで企業成長が期待できます。

この起債にともなりJFEの株も下落してしまいました。可哀そうなJFE。

日本のバリュー銘柄の底上げ相場が始まるでしょう。日経平均は4万円を上回る環境が

整いました。日が昇り始めています。仕込み場到来です!

 

3コロナ感染状況

米国の感染者数が増加しています。

 

データ:Bloomberg

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら