ユニゾHD:動きが鈍い2回債、償還日まで37日、価格は79.23円


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

ユニゾホールディングス(2020年6月18日上場廃止)の2回債は償還が5月26日(残存日数37日)に迫っているものの社債価格は、額面を大きく下回る79.23円(259%)だ。

〇遅い価格上昇速度
すでに償還を迎えた1回債の動きと、5月26日に償還を迎える2回債の価格の動きを比較すると明らかに2回債の上昇速度が遅いことがわかる。
1回債の償還日までの価格推移を基準とし2回債の動きを当てはめた場合、2回債の価格が1回債を20円ほど低い水準で推移していることが読み取れる(図参照)。
1回債が額面を回復したのは償還日の3日前だった。4月20日時点の2回債の価格は、70.58円だ。この価格が償還の3日前の5月24日に額面到達するためには、1日当たりの上昇価格が0.865円(直線補間法)必要だ。
3月に同社が銀行団に提示した資金繰り計画に2回債の償還金額には、200億円の借り換え資金が充てられるとされているものの、債券価格の動きが鈍い。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら