自分年金11 劣後債 


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

債券

自分年金11

 

劣後債とは?

 

Let’s go 債ではありません。

劣後債は会社がデフォルトを起こした場合

株式と同様、ほぼ資金回収が不可能な債券です。

一般的な債券はシニア債と言います。

リスクがシニア債よりため、クーポンが高く設定されます。

 

なぜ企業が劣後債を発行するか?

それは自己資本に計上できるためです。

 

会社がデフォルトした場合、

残余財産はシニア債に優先的に返済されます。

まず劣後債には返済されることはないでしょう。

しかし、デフォルトが起きるとシニア債でも

元本割れが確実です。

 

過去のシニア債の弁済率を調べると

2001年9月マイカル 30%(個人向け)

2010年1月JAL 12.5%

2010年9月武富士 3.3%

2012年2月エルピーダメモリ 17.4%

2017年6月タカタ ?

シニア債でも平均回収率は10%~15%程度です。

 

劣後債の例 

例 三菱UFJ FG 劣後21回債

償還:2030年1月15日

コール:2025年1月15日

コール価格:100円

格付け:R&I A+ JCR A+

クーポン:2025年1月15日まで0.29%

それ以降:5年SWAP+0.43%

単位:100万円

 

最近この手の劣後債が多いので説明します。

この商品はコーラブル劣後と言います。

コールとは期間の途中で償還する可能性があります。

今回は5年後の2025年1月15日にコールがあります。

実際は2030年1月の償還ですが

2025年1月が実質的な償還日になります。

 

この手の商品は、コールされることが前提です。

コールされる可能性を高めるためコール日以降の

クーポンをわざと高く設定しています。

コールはコール行使日にならないと分かりません。

本来ならば、2025年1月時点で5年債を起債した場合

のコストとの比較し、コールを掛けるか判断します。

口約束の紳士協定です。

 

以前、コールがスキップされたこともあります。

2016年11月末に英国のスタンダードチャータード

銀行がコールを見送りました。

この時の債券は次回のコールが10年先。

債券市場はコール前提でしたから大混乱が起きました。

紳士の国英国で紳士協定が破られました。

 

最悪の事態(コールされない)を考え劣後を買うなら、

最終償還日を確認しましょう。長くても10年でしょう。

中には60年や永久債というものもあります。

 

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら