日本はスタグフレーションに陥るのか?


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

皆様お世話になっています。

腰の調子が良くなってきたので、明日はマラソン仲間と20キロ超ランを予定しています。

株式市場

日本株は上値が重いですね。私のポートは半導体銘柄に占める割合が高いので、ボラが高くなってきました。基本的に配当狙いで保有しているので、売却する予定はいまのところありません。まだ、まだ半導体市場は拡大傾向にあります。PERの水準がどこで落ち着くかがポイントとなります。現在の東京エレクのEPSは2600円なので、PER20倍で52000円、15倍なら39000円です。東京エレクは信用の買残が多く、貸借倍率が6.2倍。これではなかなか株価は上がりません。ユナイテッドヘルスのような配当成長を期待しています。

ユナイテッドヘルスの配当金は現在年間5.8ドル(1回当たり1.45ドル)です、5年前は年間3ドル(1回0.75ドル)でした。今週発表された決算内容も良く、今年も増配が期待できそうです。

・トルコ株式指数が高値を更新

NATOでありながらロシアと仲の良いいま、一番良いポジションにいます。相変わらずインフレ率は異常に高いものの、通貨が安定してきました。

株式指数は堅調で、円換算上昇率は35.6%です。

トルコETF等

トルコ イスタンブール100指数 

トルコのCPI,政策金利推移

 

・日米金利差

米国と日本の金利差が拡大しています。現在2年国債の差が2.5%、5年では2.75%、10年2.5%という水準です。米国5年債のスプレッドが最も広がっているのでドル5年債がおもしろそうです。ただ、まだまだ米金利が上昇するので、日銀さんがこのまま踏ん張ると、金利差は拡大しそうです。

そろそろ、日本も金融政策を転換すべき時に来ているとおもいますが、日銀が頑固で。

企業物価指数は前年同月比9.5%の上昇です。製品価格の大幅値上げが始まっています。

このまま日銀が今の政策を継続すると日本ではスタグフレーションに陥ってしまいます。

 

日米金利差推移  

株価にはマイナス要素です。円安要因です。この円安は株高を導くものではありません。

輸入物価指数、消費者物価、企業物価(日本)

 

データ:Bloomberg

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら