賃料は下落基調なものの、オフィスリートは堅調


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

皆様お世話になっております。

今月の走行距離は現在42キロ。明日30キロ走る予定なのでなんとか今月も目標達成できそうです。

 

コロナ

 

 

 

感染率は先進国を中心に低下傾向にあるもののまだ感染者は増加しています。マレーシアの感染者数は先週比+8.17%に122万人です。インドは先週比+1.62%の2,927万人で、米国の3343.3万人(先週比+0.21%)に追いつきそうな勢いです。世界の患者数は1.75億人(先週比+1.04%)

 

株式

 

 

米国市場ではグロース銘柄に買いが入っています。米国のグロース株指数は年初来高値に迫る勢いです。ことにはグロースよりバリュー株が買われ、バリュー銘柄の水準が高く、投資妙味があまりありません。日本株のほうが割安です。米株は買われすぎの水準です。ここから上は要注意です。

米国では出遅れ感のあるグロースが狙われているようです。

 

債券

 

 

米国市場ではジャンク債指数が買われています。

フォードモータの社債利回りが短中期再を中心に低下しています。10年国債利回りが低下し、カーブがフラットニングしているため買い安心感がでたようです。

国債は、オーストラリア2年が史上初のマイナス金利に突入しそうです。米国国債金利との逆転が続き現在7年国債までの利回りは米国が豪を上回っています。この水準の豪国債は割高です。

 

国内

 

 

 

 

リートがつよいです。今週、三鬼商事が5月のオフィスデータを公表。東京ビジネス地区の賃料は、先月比マイナス166円の21,249円、空室率は5.9%(プラス5.9%)です。

東京の既存ビルの空室面積は、前月比1.94万坪増加の45.3万坪です。賃貸は下火ですがREITはホテルREITを中心に買われています。背景には高い分配金利回りがあります。オフィスREITの分配金利回りは4%台の銘柄も多く、Oneリート投資法人は4.8%という水準です(東証REITは3.4%)。

日本のREITは米国REITと比較し、割安なので外人さんたちも買っているかもしれませんね。

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら