消費税ついに10%に

豊川駅前 午後2時頃 正月は参拝客が100万人越えですが、平日はガラガラです。

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/tfujii46636/tadd3.com/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

10月5日 (資本市場)

こんにちは。

消費税が10%に!

消費税増税前に金の駆け込み需要があったようです。

金のアービトラージは成功したでしょうか?

金は購入時に消費税を支払い、

売却時に返還されます。

つまり、

田中貴金属の金価格推移をみると

9月末の税込小売価格は1g5651円

10月1日の税込買い取り価格は1g5593円

金価格は上昇していましたが結果はマイナス・

敗因は売値と買値の差が82円と大きいためでした。

手数料高いですね。

消費税が10%になったことで密輸が増えそうです。

持ち込むのも一苦労ですが10%は大きい。

10キロで1キロ分が加算されます。

 

増税より怖いインボイス制度

インボイス制が導入されます。

中小企業や個人事業主にとって死活問題

いままで消費税は

売上1000万円以下の業者は免除されていました。

しかし、免税事業者はインボイスを発行できません。

つまり、事業を営むために課税事業者になる必要があります。

 

今までがおかしかったのですが

非課税時期が長かった、

インボイス制度導入は2023年10月

中小業者のとっては死活問題です。

 

株式市場

半導体関連がどこまで引っ張れるか?

ソフトバンクは風船に穴があいてしまいました。

空気が少しずつ抜け始めています。

決算説明会は11月6日

孫さんがどんな顔して出てくるか楽しみです。

決算報告がパターン化して面白くありません。

次回は夢ではなく現実を話して下さい。

ロイターに「2号ファンドに野村が出資しない方針」

という記事がでていました。

野村といえばソフトバンクが苦しかった2000年初頭

ユーロ円CBを発行し救済した記憶があります。

どうなることやら。

金利

日銀の金融政策は限界

超長期ゾーンの金利低下に否定的。

金利を深堀しても出てくるのはガラクタ。

金貨は出てきません。

株式に資金が流れるスキームが必要です。

個人的にはCBが発行されたら良いと思います。

CB市場の復活を!

CBは社債と株式の複合商品。

株価が上昇すれば社債価格は上昇。

償還時、転換価格を下回っていても

額面で償還されます。

下値リスクの小さい商品です。

現在、東証上場のCBはたった13銘柄

ソニー6回債以外は小型の起債ばかり

発行が止まっていて縮小方向にあります。

 

ライブのお知らせ

次回のライブが決まりました。

12月22日(日)

場所:大塚 WELCOME BACK

時間:未定

 

クリスマス・パーティーをしましょう!

 

データ集

ソフトバンクグループ

株価4120円(4354円)

株主価値:10635円(10981円)

(かい離:円(6515円)

https://www.softbank.jp/corp/irinfo/stock/stock_value/

 

マサレシオ:38.74%(39.65%)

LTV:18%(18%)

 

スプリント

株価:$6.07($6.05)

アリババ

株価 170.34ドル(165.98ドル)

 

◆年初からの各国株式指数

銘柄 週末引け 年初比(%)

日経平均 21402.00円 +6.93

NYダウ 26573.72 +13.91

ブラジル 102551.32 +16.68

FT100 7155.38  +6.35

DAX  12012.81 +13.76

ロシア 2692.55  +13.64-

アテネ総合 842.29 +11.18

上海A   3071.70  +17.62

ハンセンH 10147.33 +0.232

トルコ 103463.52 +13.35

 

 

国債金利

 

◆国債金利(先週末%)

2年 5年

10年 30年

1.406(1.638)1.349(1.565)

1.529(1.687)2.014(2.131)

-0.754 (-0.743) -0.813(-0.796)

-0.588(-0.581) -0.106(-0.122)

日本

-0.327(-0.319)-0.363(-0.360)

-0.209(-0.239)0.352(0.300)

 

データ:Bloomberg等

 

 

投稿者プロフィール

タダシ
大学時代から株式投資をはじめ、証券会社のトレーダーとなる。以後、30年
金融畑一筋。専門分野は債券、クレジット。
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)、国際公認投資アナリスト(CIIA)

詳しいリンク先はこちら